ブルーベリーの正しい育て方や肥料を与える際の注意点は?

ブルーベリーの育て方や、肥料を与える際に注意すべきことはあるのでしょうか。
ブルーベリーは、アントシアニンが豊富に含まれており、目に良いと言われ、自宅で育てる人が増えています。

 

ただ、育て方で気をつけるべきポイントがあるので、しっかり認識しておく必要があります。
ブルーベリーの育て方で大事なのは土と水やりです。
ここを怠ると上手く育てることができません。
土は水もちの良い酸性の土が適しています。
ホームセンターでも、ブルーベリーの用の土が販売されているので、それを購入しても良いでしょう。

 

水はたっぷり与えるようにします。
乾燥しやすい特徴を持っているので、夏は毎日与えるのが望ましいです。
春や夏は土の乾燥度合いを見て、数日に1回の頻度で与えるようにしてください。
肥料はカリ、リン酸、窒素の3つが必要です。
ただ、この3つの肥料は与える時期が異なるので、間違わないように気をつけてください。
カリは根を成長させるために与えるので休眠期から目覚める2月ごろ、リン酸は花と果実を大きくするためのもので3月〜4月、窒素は葉と枝を大きくするためのもので8月下旬頃に与えましょう。

 

与えるタイミングは非常に大事なので、必ず知っておかなければいけません。

 

 

ブルーベリーをベランダで育てるには?

お庭をお持ちの方は、ガーデニングを楽しみながら果実の栽培を楽しんでいる方も多いのではないでしょうか。
特に、ブルーベリーの栽培は収穫後、そのまま食べたりジュースやジャムにしたりと、楽しみ方が様々あり、大変人気があります。
このように、大変人気なブルーベリーですが、「ブルーベリーを育てて見たいけど我が家には庭がないから。」と諦めていたり、「ベランダでも大丈夫?」と、お考えの方も多いのではないでしょうか。

 

ブルーベリーは、鉢植えで栽培出来るので、お庭でなくても、正しい育て方を知っていれば、ベランダでも栽培が可能です。
育て方のポイントとして、日の当たる場所を選び、特に成長期である4月〜11月は毎日水を与えましょう。
また、肥料は有機肥料であれば1〜2月、4〜5月、9〜10月に、化成肥料であれば3〜4月、5〜6月、9〜10月に与えるのがベストです。

 

分量は肥料によって異なるので説明書を読むようにしましょう。
土は通気性、通水性の良いものを選びましょう。
通水性の悪い土は土壌の酸素が不足し、根が呼吸出来なくなってしまいます。
以上が基本的な育て方となりますが、マンションのベランダで栽培する場合、特に高層での栽培の場合は、受粉に必要とされる蜂が飛来して来ない可能性があるので注意が必要です。

 

 

プランターを使ったブルーベリーの育て方はどうしたらいいの?

プランターを使ったブルーベリーの育て方は、初期の頃にスリット鉢でブルーベリーの専用土を使いましょう。
地面に直接ブルーベリーの苗を植える育て方をすると、雑草の処理が間に合わなくなり、養分を奪われることになります。

 

どうしても地面で育てたいなら土壌適応性の良い品種を選びましょう。
家庭で栽培するならスリット鉢で十分ですが、木を大きくしたいならプランターを使った方が良いでしょう。

 

プランターの方が排水性も通気性も良くなるので便利です。
肥料には、水に溶けにくい緩効性化成肥料が適していますので、長期にわたって緩やかに効果が持続されます。
初めてブルーベリーを栽培する時は、失敗を恐れて少なく育てがちですが、苗木1本あたりの収穫量はとても少量なので、初めから5本程度は育てた方が良いでしょう。

 

初心者に向いている品種は、樹勢が強くて安定した収穫量のものです。
ほとんどの場合は、購入してきたブルーベリーの苗木は剪定せずにそのまま使えます。
水やりの方法は土が乾いてきたら、たっぷりあげるようにしましょう。
品種によって乾燥に強いものもあれば、乾燥に弱いものまで様々です。
従って、それぞれの品種によって育て方も異なります。

 

 

地植えのブルーベリーの育て方は?

地植えのブルーベリーの育て方もコツさえつかめば簡単に育ちます。
寒い地域では、4月以降少し暖かい時期に植え付けます。
関東では、3月までに植え付けを終わらせます。
関東よりも暖かい地域では、11月位には植え付けましょう。
この時期をはずしてしまうと、上手な育て方ができません。
ブルーベリーを地植えで育てるには、植え付けの時期を考えなければなりません。

 

ブルーベリーを育てるのは、それ程難しいものではありません。
地植えだけにこだわらなくても、鉢やプランターでも上手に育てることができます。
ブルーベリーには、ノーザンハイブッシュ系やサザンハイブッシュ系、ラビットアイ系があります。
この中でも、地植えに向いているのは、ラビットアイ系です。
その他は、鉢やプランターで狭い場所でも栽培可能です。
時期や場所を間違えなければ、難しい栽培ではありません。

 

体に良く美味しいブルーベリーは、国内でも人気のある果実です。
甘酸っぱく他にない美味しさです。
子供にはジャムも人気で、今やどこにでも売っている人気商品です。
調べればジャムの作り方や、栽培方法までわかります。
手製のブルーベリージャムは大変美味しいものとなるでしょう。

 

 

北海道での育て方は?

北海道でのブルーベリーの育て方は、他の地域と特に変わりません。
ブルーベリーは、初心者にも非常に育てやすい植物ですので、誰にでも簡単に育てることが出来るのです。

 

ただ一つ、北海道で気を付けなくてはいけないことは、圧雪により枝が折れてしまうことです。
冬に入る前に、しっかりとブルーベリーの木に雪囲いをして、枝を雪の重みから守ってあげましょう。
育て方としては、庭に植える時には日光がたっぷりと当たる場所に植えつけます。
ブルーベリーは日光を好みますので、ここは重要な部分になってきます。
水を与える時は、土が乾いてきたらたっぷりと与えます。

 

特に病気などは持っていませんが、害虫はに気を付けた方が良いでしょう。
虫がいない場所では、花が咲いてきたタイミングで人工授粉も必要となります。
花をトントンと軽く叩くと、白い粉が出てきます。
これが花粉となりますので、違った品種の花につけてあげることが大切です。
実がなるのは夏か秋の始めごろですので、楽しみに待ちましょう。
育て方は簡単ですが、とても沢山の実がなり、私たちを楽しませる植物です。
北海道でも容易に育てることが出来ますので、是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

 

ウェブサイトの紹介

ブルーベリーの育て方について知ることで、育てられるようになると良いですよね。
ちなみに、ブルーベリーにはレスベラトロールという成分が含まれていたりします。
この成分については、ここで紹介するウェブサイトがかなり詳しく説明していますので、訪問してみることをおすすめします。